地域と大学をつなぐ懸け橋に

京都市左京区下鴨の、静かな住宅街の中にひっそりと佇む、小さな大学、「京都府立大学」。 そんな“府の大学”である府立大の中で、府民の方々のために、府立大学の学生として役に立ちたいとの思いで2013年4月に設立したのが学生部会かごらです。地域の方々が大学とかかわりを持つきっかけづくりや、大学生の力を必要とする地域の方々のお手伝いなど、地域と大学をつなぐ懸け橋になるべく活動しています

最新情報


*次回のかごらカフェ

●11/18(土)   10:00~11:30 @大学会館

学生発表ではリコーダー同好会の皆さんに演奏していただきます!

お楽しみに♬

*10/21(土)のかごらカフェの様子

前回に引き続きあいにくの雨でしたが、予想以上に多くの高齢者の皆さんに来ていただきました!2つのテーブルを大人数で囲んだので、いつも以上にトークが弾みました!

 

半年ぶりにギターマンドリンクラブの皆さんに出演いただきました!かわいらしい音と人気の選曲で皆さんの心をわしづかみでした♪

恒例の青い山脈も次からきちんと歌詞を準備しなきゃですね!

 

芸術の秋をテーマにしたクイズの時間では「次のうち実在する画家は?①クサ②クダモーノ③バジール④ヤサーイ」という問題にみなさん笑ってくださいました!(正解は③なんですって!高齢者の皆さんも見事正解でした)

*福知山公立大学の学生の皆さんと意見交換会をしました!

9/20に福知山公立大学で地域貢献活動をしている学生の皆さんと意見交換会をしました!

 

お互いに活動内容を発表し、質問タイムでは活動資金の話をしたり、広報活動はどのように行っているのかなどを教えていただきました。

 

なにより福知山公立大学のみなさんのモチベーションの高さに驚かされました。

私たちももっともっと地域との関わりを広げて深めていきたいと思います!

 

この意見交換会の様子が両丹日日新聞に掲載されました!

*朝日新聞にかごらの活動が掲載されました!

6月21日㈬の朝日新聞の地域面で、左京区での地域の活動の一つとしてかごらの活動を紹介していただきました!

かごらカフェのことがより多くの地域の方々に伝わればいいなと思います。